Cafeteria Prism ~カフェテリア プリズム

記事一覧(12)

平成から令和へ。

まもなく元号が変わる。四月から五月へ、日付が変わるのだけど、なんだか世の中、大晦日から新年へ、みたいな雰囲気。昨年の大晦日、または、今年の春分、切り替わりの時に言葉にしたくて、でも上手く表現できなくて、頭のなかでずっと残っていることばの数々。折々、ぽん❗っと直感的にやってくることば。それをきっかけに自分との対話が始まり、いろんな気づきをもらえる。人に伝えるものではない、自分へやって来るメッセージ。ここに書かなくてもいいのかもしれないけど、紙に書くといつもどこに書いたか忘れてしまうので💦覚え書きとして書き留める。書いているうちに日付が変わった。令和元年五月一日。上皇陛下のご在位三十年記念式展でのお言葉、その中にある『象徴』ということば。このことばにとても響くものがあり、直感的に受け取りいろいろ頭のなかで対話したことを、いまだ表現できていない。書き留めなかったので、大切なメッセージだったのに、うすれてしまっている。それ以外にも、たくさんあったのに、ぐずぐずしているとミッション完了できなくなるよ💦未来の自分からのメッセージ、なんだから。時間がたつと忘れてしまうので、新しい時代になったいま、ぽん❗とやって来たことばは、ここに書き留めることにする。もしもこのページに訪れた人は、どうかわたしのひとりごとだと思っていてください。これからの時代は誰もがそれぞれの直感を大切に、よく聴いて、自分の未来をかたち作れますように。ありがとうございます。

梅をとおして思うこと。

梅の季節ですね。庭先や店頭で青梅を目にします。この時期の醍醐味、梅しごと。今年は梅シロップと梅酒を仕込み。色づいてきたら、梅干しも挑戦してみます。昨年つけた梅酒もいい仕上がり🎵実はジャムにしてみましょうか。梅にはいくつか思い出があります。この時期になると思い出す、酸っぱい思い出。ひとつは、祖母の梅干し。大きなごろんとした真っ赤な梅干し。しわはよっていない、丸々とした梅干し。大好きで、小さい頃は何個も食べてました。その梅酢でつけた紅ショウガも大好きで、丸ごとかじっていましたね~。親戚でうちだけ離れていたので、祖母宅近くでいつも集まって遊んでいたいとこたちとなかなか馴染めず、次第に訪ねることも少なくなりました。もう二十年も前に他界しましたが、梅干しとショウガをいつも思い出します。祖母宅の押し入れには、いろんな浸けたもの、ありましたねえ。マムシの焼酎漬け😱😱喉がいたいときはシップされました。げんのしょうこのお茶、普通に飲んでたり。そのときは知らなかったけど、体によいものだったんですね🎵おかげさまで、病院とは無縁の健康体です。もうひとつは、梅の木。山で拾ってきた梅の実から芽が出たんですよ❗背丈より大きくなり、いくつかの春を迎える度に花が増えていきました。しかし、引っ越すことになり借家だったその家に残したままとなりました。実はこの梅、今は高校生の長男が小さいときに拾ってきたもの。庭に放置して忘れた頃に謎の芽が‼後に梅の木と判明。引っ越しの際は持っていきたい❗と言われたのですが、枯れてしまうのでは?とか、植える場所が、とか、考えてしまい、息子のお願いを聞いてあげなかったのです。これがずっと気になっていて…。どうなってもいいから、掘って持ってくればよかったなぁ…と。そこで、ちょうど梅の時期だし、よし‼あの山へ再び❗なっていましたよ、梅の実✨落ちていたのをいただいてまいりました。

軸をもつ。

 こんなこと、ありませんか?あなたは自分の役割を一生懸命果たしている。サボってないし、きちんとこなしている。それ以上に細やかに先回りして気づかい、さりげなく相手のこともやっている。けれど、その相手はいろいろやってもらっているのに、あなたがあまりにもさりげなく気を遣わせないようにやっているので、当たり前になりすぎて気づかない。その人自身の見える範囲しか見ていないので、やってもらっていないと言う。他の誰かがほんの少しの手助けをこーんなにやっているのよ、と声を大にしながらやると、そちらの方をありがたく感じている。あなたは、思うだろう…いつも当たり前にやっているのは自分の方なのに…と。さらに、それをまた他の誰かに話しているのを聞いたら、いやいや、違うから、私のことやってないってあの人は言うけど、実際たくさんやっているのは私だから❗と、説明したくなる、よね?折れました、、、心が。聞こえちゃったから。そして、負のループにはまる。そこにはいない、その話の登場人物や、相手のことが頭に浮かび、自分を正当化する説明を訴える。相手を責めてみたり、怒ってみたり。全部、自分一人でやってます、頭のなかで。でも、ここから見えてくること。この出来事になにを投影しているか?自分を認めてほしい、ほめてもらいたい、罪悪感、犠牲にしたこと…私のこころ。私の感情。では、事実はどうなの?役割、ちゃんとやっている。自分がやらなくてもいいことはやらない(←悪いことではない)。私の立場で果たす役割はこなしている。出来ないこともあっても、いまの自分でできる最大限はやっている。さらに、自分のやりたい楽しみはなにがなんでもやる。(あら、実はモリモリでめいっぱいやっているじゃない!えらいぞ、わたし🎵)事実は事実。そこを、頭のなかで考える誰かの考えや視点、感情で勝手にわたしがみているだけ。相手が実際に言っている訳じゃないもんね。私が作り上げた幻想のあのひとが、そう思っていると、私が頭のなかで言っている。そうやって相手にエネルギーを与えているのです。どこまで親切なの?わたし。エネルギーは健全に使いましょう。自分のために、ね。そのためには、ぶれない"私の軸"をもつ。揺れても、振れても、いつでも、しなやかに、戻ってくる"軸"。見失わないように。

カフェテリア プリズムについて

Cafeteria Prism ~ カフェテリア プリズム、"空想"上のカフェ、、、ってなに?どんなに忙しくても、やることだらけでこなすだけで一日が終わってしまっても、家からでる暇すらなくても、ほんのわずかな時間でいいから、自分に戻りたい。実際のカフェに行かれなくても、空想の中でなら行けるよね?おうちで一杯のコーヒーを飲みながら頭のなかは空想のカフェへ飛ばそう。そこでふぅー…って一息ついて自分を取り戻して、ちょっぴり元気になって現実に帰る。そんな場を作ってみたくなりました。そして、そこで提供できるもの…カフェならドリンクやスイーツなんですが、ここでは小さなアイディアやヒントになるようなこと、提供できたらなぁ…と思っています。身近でできること、作ること、楽しむこと。小さなことでいいからちょっと目線を変えてみる、手を動かしてみる、へえ~って思ってみる…わたしの持っているもので、できることで、みなさまにとって、なにかのきっかけになればうれしいです💖今はまだわたしの頭のなかでできたばかりの設計図。建物はこんな感じ、ドアを明けるとこんな室内、メニューはこれで、お客さまはこんな雰囲気の方、、、空想とびこえて妄想になりそうですが…少しずつ形にしていきますね。そして、いま、私たちから変わっていって長い先には社会を変えたい。それはわたしたちの子どもたちのため、未来の子どもたちと社会のため。そんな夢も抱きつつ…。どうぞお楽しみに🎵2018.3.31満月に